赤ちゃんの沐浴デビューには純石鹼!石鹼による保湿力の違い

赤ちゃんの沐浴におすすめの純石鹼!HOLOのピュアソープを使って肌の保湿力UP

 生後1か月ごろまでの赤ちゃんは大人と同じ浴槽ではなく、ベビーバスを使ってからだを洗います。赤ちゃんにとって沐浴は肌を健康に保つためにとても大切なものです。赤ちゃんのからだは小さいのに、大人と同じくらい汗腺があるため、たくさん汗をかきます。毎日1回は沐浴し、からだを清潔に保ってあげましょう。汗をかいてそのままにしておくと、あせもや肌荒れの原因になります。大人よりもデリケートな肌を持つ赤ちゃんのために、石鹼や保湿剤選びはとても重要です。石鹼や保湿剤の種類や肌との相性によって、赤ちゃんの肌の保湿状態が変わってくるのです。赤ちゃんの肌に異常が起こらないように、正しい沐浴、スキンケアの仕方を身につけましょう。

沐浴するのに準備するもの

沐浴準備

ベビーバス
生後一か月くらいまではベビーバスを使います。

洗面器または桶
顔ふき用にお湯をはって準備します。

石鹼
石鹼の成分を見て、刺激が少ない赤ちゃん用石鹼や純石鹼を選ぶと良いです。

バスタオル
バスタオルは広げて置いておくと、スムーズに赤ちゃんのからだを拭いてあげられます。タオルは柔らかく、清潔なものを使いましょう。

沐浴布
入浴中の赤ちゃんのからだにかけてあげるのに使います。

ガーゼ
赤ちゃんの顔をやさしく拭き取るために使います。

温度計
赤ちゃんを入れてあげる前に、お湯の温度を確かめるのに使います。途中でお湯が冷めてきたタイミングでも温度をチェックしましょう。

綿棒
おへそ、耳や鼻などの水分を取ってあげましょう。

新しい着替えとおむつ
バスタオルの傍に広げた状態で準備しておくと良いです。

保湿剤
石鹼と同様、低刺激なものや赤ちゃん用保湿剤をおすすめします。

沐浴の手順

沐浴手順
  1. ベビーバスにお湯を準備します。お湯の温度は、夏は37度〜39度、冬は38度〜40度が適切です。湯温計があれば温度を確認しながら調節し、なければ手で確認しましょう。

  2. 保温のために赤ちゃんのからだに沐浴布をかけ、ベビーバスに入れてあげます。

  3. 洗面器にはっておいたお湯でガーゼを濡らし、顔をやさしく洗います。

  4. ガーゼで頭を濡らし、石鹼を泡立てて洗います。

  5. 赤ちゃん用の石鹼か、純石鹼などの肌にやさしい石鹼を泡立てます。まずあおむけの状態で、首、うで、わき、おなか、股間、足をやさしく洗います。その後うつ伏せにして背中やおしりを洗います。特におしりは汚れやすいので丁寧に洗ってあげましょう。

  6. 洗面器にはっておいたお湯で石鹼を流します。

  7. 広げておいたバスタオルでからだを包み、水分をしっかり拭き取ります。綿棒を使っておへそや耳の中の水分を拭き取ります。

  8. 水分を拭きとった後は乾燥しやすいので、すぐに保湿剤を顔・からだ全体に塗りましょう。保湿剤は肌にやさしいものを選んでください。

  9. オムツ・服を着せます。

純石鹼のやさしさの秘密

純石鹸の秘密
純石鹼とは、「脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムが98%以上のもの。」を指します。石鹸の洗浄成分だけで作られており、「添加物」を配合していないということになります。天然成分が多く含まれ、添加物が入っていないことから肌への刺激が少なく、沐浴を始める赤ちゃんにも安心です。また、純石鹼は肌に必要な皮脂や常在菌は残しながら汚れを落としてくれます。合成洗剤などの中には、洗浄力が優れているものがありますが、その分肌への吸着率も高く、肌に残りやすいことがあるので注意しましょう。

純石鹼と保湿の関係

石鹼は、肌を清潔に保つもの、肌を洗浄するものですよね。しかし、どんな石鹼を選ぶかで、その後の肌の保湿状態にも影響してくるのです。皮脂分泌が盛んな赤ちゃんには、皮脂を落としてさっぱりと洗ってあげたくなりますよね。しかし、皮脂を取りすぎてしまうと、肌が乾燥し、余計に皮脂の分泌が過剰になります。皮脂は必要な量を保っておかなければいけません。純石鹼は、肌に必要な皮脂を取りすぎないということから、肌の乾燥から守ってくれます。また、肌の洗浄後の保湿ももちろん大切です。沐浴後にからだの水分をしっかりと拭き取りますが、ここで水分が残っていると、水分と一緒に皮脂の水分も逃げてしまいます。沐浴後は、急激に肌が乾燥していき、沐浴前より沐浴後の方が肌の水分量が低下します。沐浴後の極度な肌の乾燥を防ぐため、からだの水分を拭き取ったらすぐに保湿剤を塗るように心がけることが大切です。

赤ちゃんにおすすめの純石鹼と保湿剤

純石鹼

植物成分100%の石鹼素地でできたHOLOのピュアソープは、過度な洗浄の刺激から肌を守り、肌の油分と水分のバランスを整えるという考え方で作られた純石鹼です。「肌へのやさしさ」にこだわっているので、沐浴を始める赤ちゃんにもぴったりです。

保湿剤

沐浴後の赤ちゃんの肌は急激に乾燥することから、片手でサッと塗れるHOLOの保湿クリームがおすすめです。オールインワンクリームで、ポンプタイプはヘッドをプッシュするだけでいいので、沐浴後にからだを拭いてあげるタオルの近くに準備しておくとすぐに保湿できます。肌に合うか試してみたいという方は、無料サンプルセットの取り寄せも可能です。 赤ちゃんの沐浴デビューにぜひHOLOのスキンケアシリーズをお試しください。

※商品の詳細は、画像をクリック(タップ)してご確認ください。

無添加純石鹸 HOLOピュアソープ

HOLOピュアソープ

「洗う」のではなく、「守る」という考え方
植物の恵みを活かし、「汚れを落とすため」だけではなく、 過度な洗浄による刺激からお肌を「守り」、肌のバランスを整えるという考え方で作られた石鹸です。

無添加保湿クリーム フェイス&ボディクリーム ポンプ

フェイス&ボディクリーム ポンプ

顔を洗った後、手を洗った後、お風呂上がりにも家に1つあれば、プッシュするだけで、全身スキンケアできるポンプヘッドです。

無添加保湿クリーム フェイス&ボディクリーム チューブ

フェイス&ボディクリーム チューブ

ポーチに入れて携帯しやすいチューブタイプ。お出掛け先での保湿にぴったり。「はじめてのHOLO」のお試し用としてもどうぞ。

赤ちゃんも使えるゆずのボディクリームをお探しならHOLOへ

会社名 キプロ株式会社
ショップ名 HOLO
運営統括責任者名 貫井 暢彦
住所 〒530-0035 大阪府大阪市北区同心1丁目11−9
電話番号 0120-406-046
メールアドレス info@keepro.jp
受付時間 平日10:00〜18:00
コーポレートサイト https://keepro.jp
ショップURL https://holo-smile.jp/