敏感肌さんがボディソープに固形石鹼を選ぶ理由は?肌にやさしい固形石鹼とは?

今お使いのボディソープは石鹼?それとも合成洗剤?敏感肌さんには肌にやさしい固形石鹼がおすすめ!

 ボディソープは固形、液体、泡、粉タイプと様々な種類がありますが、最近では敏感肌さんの間で固形石鹼の人気が出てきているのをご存知でしょうか。ボディソープは赤ちゃんからお年寄りまであらゆる人の生活になくてはならない物です。生活に必要なものだからこそ、たくさんの製品が出回っていて、ドラッグストアやバラエティショップを覗いてもボディソープのコーナーが広がっているし、インターネットではさらに種類が豊富でボディソープ選びに迷ってしまいますよね。何気なく選んで使っているボディソープがどんな製品なのかあまり分かっていない人もいるのではないでしょうか。そんな中、なぜ今敏感肌さんには固形石鹼が人気なのか、また、肌にやさしいボディソープを選べるように違いを見ていきましょう。

ボディソープは「石鹼」と「合成洗剤」の2種類

ボディソープの洗浄成分には石鹼と合成洗剤がある

◇石鹸

石鹼の成分はシンプルで肌にやさしい製品が多いのが特徴です。余計なものが入っていないということです。動植物の天然由来の油脂と、水酸化ナトリウムや水酸化カリウムのどちらかのアルカリを一緒に反応させることで石鹸ができます。水酸化ナトリウムを使った場合は固形石鹸に、水酸化カリウムを使った場合は液体石鹸になります。石鹸の製造途中で天然油脂は脂肪酸とグリセリンに分離し、その脂肪酸とアルカリが反応することで、界面活性の作用を持ち、汚れを落とします。

◇合成洗剤

純石鹼分以外の界面活性剤が入っているものが合成洗剤です。石油や天然油脂から界面活性剤の原料を作り、さらに自然界では存在しない成分を化学合成されてできたものです。合成洗剤には例えば、洗顔料、シャンプー、ボディソープ、洗濯用洗剤などがあります。(石鹼成分で作られているものは除きます)このように科学的に合成されたもので作られているため、選ばないようにしている人もいますが、泡立ちがよく使いやすいという面もあります。

この違いを比べてみても、敏感肌さんは肌にやさしい「石鹼」を選びたくなりますよね。 「石鹼」と「合成洗剤」の見分け方はとても簡単です。商品の『成分表示』を見てください。製品名にハンドソープやボディソープと書いてあっても、中身は合成洗剤や石鹼と合成洗剤が合わさったものがあるので注意が必要です。石鹼の成分表示は「石鹸素地」「カリ石鹼素地」「純石鹼分(脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム)」と書かれています。合成洗剤の成分表示には「石鹼」という文字はありません

敏感肌さんの間で固形石鹼の人気が高い理由

敏感肌さんの間で固形石鹼の人気が高い理由

石鹸といっても固形石鹼と液体石鹼がありますね。アルカリ成分に、水酸化ナトリウムか水酸化カリウムを使用するかによって形状が変わるということはお分かりいただけましたね。ではこの違いだけでなぜ敏感肌さんに固形石鹼が選ばれるのでしょうか。固形石鹼を使うメリットを見ていきましょう。

◇お肌にやさしい

固形石鹼は、からだや顔を洗ったあと肌に洗浄成分を残さないので肌にやさしいのが特徴です。つまり、「肌の汚れだけを洗い、角質層のバリア機能を奪いすぎない。」ということです。液体石鹼は泡立てなくても使えてしまい、つい使いすぎて必要な菌も過剰に洗い流してしまうことがあるのです。また、固形石鹼はアルカリ性で、肌が弱酸性に戻ろうとする機能を促進させます。その肌本来の働きが肌を守るので美肌に繋がります。

◇洗浄力が高い

一般的に、固形石鹼は液体石鹼よりも洗浄成分である純石鹸分の含有量が多く、洗浄力が高いのです。液体石鹼は、純石鹼分の割合を多くすると固まってしまうため、純石鹼分は全体の約3割しか入っていません。それに対して固形石鹼は、水分が少なく、純石鹼分の割合は9割ほどで、少量でも洗浄力が高いのです。しかし、固形石鹼は、水に溶けることで界面活性剤の役割を発揮するので、使用するときは水で溶かし泡立てることがポイントです。

◇環境にやさしい

>敏感肌さんだけでなく、昨今の環境問題を意識している方にも固形石鹼が見直されています。それは、固形石鹼を使用する方が環境にやさしいのではないか考えられているからです。液体石鹼はボトル容器に入っており、包装にプラスチックを多用しています。それに対して固形石鹼は紙で包装しているものが多く、比較的ゴミが少なく済むので環境にやさしいのです。また、成分を見てみると固形石鹼は天然原料の油脂からできており、使ったあとの成分は微生物の働きによって分解され、自然界へと戻っていきます。

◇敏感肌さんの肌にやさしい固形石鹼選び

敏感肌さんは肌にトラブルが起きやすく、悩んでいる方が多いのではないでしょうか。そんな敏感肌さんは、肌にやさしい石鹼で、肌を清潔に保つことが基本のスキンケアです。 よく耳にする「無添加石鹼」。肌にやさしいイメージで「無添加」と書いてあったら安心と思っている方はもう一度きちんと成分を確認しましょう。無添加でも保存料、防腐剤、酸化防止剤、変質防止剤などの化学合成成分は入っていないが、石鹼以外の成分が含まれている場合もあります。 HOLOのピュアソープは石鹼素地のみでできた肌にやさしい無添加の固形石鹼です。「汚れを落とす」だけではなく、過度な洗浄からお肌を「守り」、肌のバランスを整えるという考え方で作られているため、ボディソープとしてはもちろん、お顔にも使えます。香料さえ入れず、天然成分にこだわった、肌にやさしいHOLOピュアソープは、敏感肌さんや赤ちゃんにおすすめです。ぜひ一度お試しください。

新生児から使えるHOLOピュアソープ

純石鹼の中でも、赤ちゃんのお肌を守る、HOLOのピュアソープをおすすめします。このHOLOピュアソープは香料さえ入れず天然成分にこだわり、敏感肌の方に肌トラブルが起きないよう「肌のやさしさ」のみを考えて作られた低刺激な固形石鹼です。
「洗う」のではなく、「守る」という考え方で肌のバランスを整え、肌を清潔にすることはもちろん、水分と油分のバランスを整え、本来あるべき自然な肌へと導きます。あせもや炎症を起こしている赤ちゃんのお肌に使ってみてはいかがでしょうか。
また、HOLOのピュアソープはからだはもちろんのことお顔もきれいに洗えます。赤ちゃんの石鹼選びに悩んでいる方は、ぜひ一度お試しください。

※商品の詳細は、画像をクリック(タップ)してご確認ください。

無添加純石鹸 HOLOピュアソープ

HOLOピュアソープ

「洗う」のではなく、「守る」という考え方
植物の恵みを活かし、「汚れを落とすため」だけではなく、 過度な洗浄による刺激からお肌を「守り」、肌のバランスを整えるという考え方で作られた石鹸です。

無添加保湿クリーム フェイス&ボディクリーム ポンプ

フェイス&ボディクリーム ポンプ

顔を洗った後、手を洗った後、お風呂上がりにも家に1つあれば、プッシュするだけで、全身スキンケアできるポンプヘッドです。

無添加保湿クリーム フェイス&ボディクリーム チューブ

フェイス&ボディクリーム チューブ

ポーチに入れて携帯しやすいチューブタイプ。お出掛け先での保湿にぴったり。「はじめてのHOLO」のお試し用としてもどうぞ。

赤ちゃんも使えるゆずのボディクリームをお探しならHOLOへ

会社名 キプロ株式会社
ショップ名 HOLO
運営統括責任者名 貫井 暢彦
住所 〒530-0035 大阪府大阪市北区同心1丁目11−9
電話番号 0120-406-046
メールアドレス info@keepro.jp
受付時間 平日10:00〜18:00
コーポレートサイト https://keepro.jp
ショップURL https://holo-smile.jp/