赤ちゃんのあせも対策は保湿クリームで!首や背中をしっかりケア 赤ちゃんのあせもの種類

かゆみを起こすあせも。赤ちゃんのお肌はあせもを起こしやすく、首や背中など様々なところにできてしまう肌トラブルです。特に夏のシーズンは、そのあせもとの戦いでもあります。では、なぜ赤ちゃんのお肌にはあせもができやすいのでしょうか。

こちらでは、あせもができる原因やあせもの種類について紹介します。デリケートな赤ちゃんのお肌には、保湿クリームが必要不可欠です。かゆみを引き起こすあせもができてしまったお肌には、保湿クリームが染みてしまうこともあります。そんな時は、HOLOの無添加保湿クリームを使用してみてはいかがですか?敏感肌にも嬉しい低刺激なクリームです。

赤ちゃんが汗っかきな理由とは?首や背中のあせもの原因はその体質にあった

赤ちゃんが汗っかきな理由とは?首や背中のあせもの原因はその体質にあった

こちらでは、赤ちゃんが汗っかきな理由を紹介します。

赤ちゃんの汗腺は大人と同じ数!

赤ちゃんは、大人と同じだけ汗腺を持っています。そのため、身体の小さな赤ちゃんは汗をかきやすく、なんと大人の2〜3倍もの汗をかくと言われています。そのため、首や背中に汗が溜まりやすくなり、あせもを起こす原因にもつながります。

あせも対策は定期的な拭き取りを!

あせもを予防するには、とにかく清潔感を保つことです。汗をかきやすい赤ちゃんの着替えは頻繁に行うようにし、さらにシートや柔らかなタオルなどを使って、こまめに身体を拭いてあげるようにしましょう。

赤ちゃんのあせもの種類とは?無添加保湿クリームでデリケートなお肌を守ろう

赤ちゃんのあせもの種類とは?無添加保湿クリームでデリケートなお肌を守ろう

あせもには、様々な種類があることをご存知ですか?急に赤ちゃんの身体に湿疹ができてしまったと焦る前に、あせもの種類を知っておくといいでしょう。こちらでは、赤ちゃんにできやすいあせもの種類の特徴を紹介します。

水晶様汗疹

「水晶様汗疹」と言われるあせもは、プツプツとした白く透明感のある小さな水疱です。かゆみが出ることはなく、皮膚の角質層に溜まった汗が水泡となって現れます。あせもといっても汗の水泡ですので、あまり気にする必要がなく、ほとんどが自然に治っていきますので、特別な治療を行う必要もありません。

紅色汗疹

「紅色汗疹」は水晶様汗疹と違い、かゆみの出るあせもです。赤くプツプツとしたあせもができ、かゆみに加えてチクチクとした感覚があることから、かいてしまうお子さんもいらっしゃいます。

この紅色汗疹は、皮膚の少し深いところに汗が溜まることで起きるあせもです。かいてしまうことで血が滲んでしまったり、アトピー性皮膚炎と区別がつきづらくなったりしますので、早めに医療機関で治療を行うことをおすすめします。

深在性汗疹

紅色汗疹よりもさらに深い真皮に汗が溜まってできるあせもが、「深在性汗疹」です。このあせもは紅色汗疹のような赤みはないですが、真皮部分に汗が溜まるため、皮膚がボコッと盛り上がって見えます。

このあせもの怖いところは、症状が現れた後に熱中症を伴うことが多いということです。熱帯地域などで見られる症状であり、日本で起きることは少ないと言われていますが、知っておくといいでしょう。

あせもには、様々な種類があります。あせもを予防するには、身体を清潔に保つことが必要になりますが、保湿を行うこともまた、あせも対策につながります。

HOLOの保湿クリームは、無添加の低刺激な保湿クリームです。伸びもよく、スーッとお肌に馴染んでいき、保湿力も持続します。あせもに悩む赤ちゃんは、保湿クリームを使っての保湿を徹底して行うようにしましょう。

赤ちゃんの首や背中のあせもを低刺激な無添加保湿クリームで優しくお手入れ

赤ちゃんの身体には大人と同じだけの汗腺があることから、たくさんの汗をかきます。夏場などは特にあせもができやすい時期になりますので、こまめに拭き取ってあげるなど、なるべく清潔な状態を保ちましょう。

HOLOの保湿クリームは、低刺激な肌に優しいクリームです。保湿もあせも対策につながりますので、首や背中などのあせもができやすい部分を中心にしっかりと保湿を行うようにしましょう。

赤ちゃんのあせも対策保湿クリームをお探しならHOLOへ

会社名 キプロ株式会社
ショップ名 HOLO
運営統括責任者名 貫井 暢彦
住所 〒530-0035 大阪府大阪市北区同心1丁目11−9
電話番号 0120-406-046
メールアドレス info@keepro.jp
URL https://keepro.jp