新生児の顔のかぶれにも低刺激な保湿クリームを!乳児湿疹について

新生児のお肌は、かぶれや湿疹を起こしやすいデリケートなお肌です。そのかぶれや湿疹を起こす原因は、どこにあるのでしょうか。こちらでは、新生児が起こしやすい肌トラブルの原因について紹介します。また、赤ちゃんがなりやすい乳児湿疹は、顔から身体まで全身に広がりやすい肌トラブルでもあります。

特に夏場など、お肌が蒸れやすい時は気をつけなければなりません。そんな新生児のお肌を湿疹やかぶれから守るなら、お肌に優しい低刺激な保湿クリームケアを行いましょう。HOLOの保湿クリームは、顔から身体まで使える便利なクリームです。ぜひお買い求めください。

新生児に多い湿疹やかぶれの種類とは?湿疹の違いに合わせた予防ケアをしよう

新生児に多い湿疹やかぶれの種類とは?湿疹の違いに合わせた予防ケアをしよう

こちらでは、新生児に多い湿疹やかぶれを紹介します。湿疹の違いに合わせてケアすることが大切ですので、ぜひ参考にしてください。

乳児湿疹

生まれたての新生児のお顔などに多く見られるのが、「乳児湿疹」です。乳児湿疹は皮脂の分泌や乾燥によって起こる湿疹であり、ニキビのようなものと捉えておくといいでしょう。

生まれたての時にできるこの乳児湿疹は、お母さんのホルモンの関係によって皮脂が分泌され、できやすくなります。逆に3カ月を過ぎた頃からは乾燥による乳児湿疹になりますので、保湿などでお肌を守ってあげるようにしましょう。

アトピー性皮膚炎

乳児湿疹と区別がつけづらい湿疹が、「アトピー性皮膚炎」です。かゆみのない乳児湿疹に対して、アトピー性皮膚炎はかゆみが出てくるため、新生児の行動でチェックする必要があります。顔のカサつきや肌をこするなどのかゆそうな行動をしている場合には、アトピー性皮膚炎を起こしている可能性があります。このアトピー性皮膚炎の場合には、速やかに医療機関へ足を運ぶようにしましょう。

おむつ皮膚炎

「おむつ皮膚炎」は、尿や便によるかぶれやおむつのムレによって起こる炎症です。デリケートな新生児のお肌はかぶれやすくなっていますので、おむつはできるだけこまめに変えてあげるようにしましょう。市販でおむつ用の軟膏などが売っていますので、赤くなっている場合には早めに塗ってあげるようにしましょう。

あせも

夏のシーズンにできやすい「あせも」。あせももかゆみを生じる湿疹ですので、できるだけ清潔に保つようにしてあげるといいでしょう。水泡などができる場合もありますので、洋服をこまめに変えてあげたり、身体を拭いてあげたりすることなどが大切です。

乳児湿疹は顔など全身に!お肌に優しい低刺激な保湿クリームで新生児のケアを

乳児湿疹は顔など全身に!お肌に優しい低刺激な保湿クリームで新生児のケアを

新生児の時にはじめに見るお肌の症状として現れるのが、「乳児湿疹」です。初めてのお子さんの場合、急にポツポツと現れる乳児湿疹に戸惑う方も少なくありません。

この乳児湿疹は、特に顔に見られる症状であり、頬のあたりにポツポツと現れてきます。乳児湿疹を防ぐためには、清潔なお肌を保つことが大切です。また、ホコリなどによってアレルギーを起こすこともありますので、環境を清潔に保つのも大切です。

新生児の時は、特にお肌のバリア機能が低下する時期でもあるため、保湿クリームでこまめなケアすることが大切です。顔だけでなく、身体全体をしっかり保湿してあげましょう。特に生後4カ月の新生児は生まれた時よりもバリア機能が低下し、乾燥による乳児湿疹が現れます。

汗をかいた後に身体を拭く際も必ず、保湿クリームを塗ってあげるといいでしょう。保湿クリームは、できるだけお肌に優しい低刺激なものがおすすめです。

新生児に多い乳児湿疹によるお顔のかぶれは低刺激な保湿クリームで徹底ケア

新生児は、かぶれや湿疹などを起こしやすい時期でもあります。アトピー性皮膚炎などは、早めのケアを行うことで悪化を防ぐことができるため、できるだけ早い対処が必要になります。

また乳児湿疹は、清潔なお肌を保つことや保湿クリームの塗布が必須となります。顔から身体まで全身をしっかりと保湿してあげましょう。

HOLOの保湿クリームは、低刺激で新生児の肌にも使えるクリームなのでぜひ一度お試しください。

新生児の顔にも安心して使える低刺激保湿クリームをお探しならHOLOへ

会社名 キプロ株式会社
ショップ名 HOLO
運営統括責任者名 貫井 暢彦
住所 〒530-0035 大阪府大阪市北区同心1丁目11−9
電話番号 0120-406-046
メールアドレス info@keepro.jp
URL https://keepro.jp