無添加保湿クリームで赤ちゃんの顔や全身をしっかり保湿する方法 保湿剤の種類

繊細なお肌を持つ赤ちゃんは、お肌に触れる保湿クリーム一つでも肌トラブルを引き起こすこともあるほどデリケートなものです。乾燥や外部からの刺激を防ぐとき、どんなスキンケアアイテムを使うべきか悩むお母さんも少なくありません。

そんな時は、HOLOの保湿クリームがおすすめです。この保湿クリームは、無農薬で育てたゆずの成分を含んだ無添加クリームであり、顔から身体まで全身に使うことができます。では、そんなデリケートな赤ちゃんのお肌には、どのような保湿剤がいいのか、配合成分などを踏まえてご紹介します。また、保湿方法についても併せて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

赤ちゃんの保湿剤の種類とは?無添加の保湿クリームなら全身の保湿が可能に

赤ちゃんの保湿剤の種類とは?無添加の保湿クリームなら全身の保湿が可能に

こちらでは、赤ちゃんの保湿剤の種類を紹介します。顔や全身など、使用する場所によって使い分けるのもいいでしょう。

ローションまたは乳液タイプ

伸びがよく浸透しやすい保湿剤なら、ローションまたは乳液タイプがおすすめです。種類も豊富にあるため、好きなものを選びやすいのもポイントです。

クリームタイプ

しっとりと保湿力の高い保湿剤なら、クリームタイプがおすすめです。保湿力が持続するため、乾燥しやすい方や赤ちゃんにもおすすめです。

ワセリンタイプ

油分の多い保湿剤なら、ワセリンがおすすめです。油分が多いことからベタつきやすさがあるので、乾燥しやすい部分使いを行うのがおすすめです。

様々なタイプの保湿剤がありますが、実際に保湿剤はどのように選ぶべきか悩む方も多いでしょう。

そんな方には、無添加成分で作られたHOLOの保湿クリームがおすすめです。この無添加の保湿クリームは、クリームなのにローションのように伸びもよく、ベタつきが少ないことから、1年間使用できる保湿クリームとなっています。化学薬品を制限し、肌トラブルのもととなりやすい薬品を取り除いた保湿クリームです。

また、ベタつきがなく、顔から身体まで全身使える万能クリームと口コミでも人気の保湿クリームとなっていますので、お肌に優しい無添加なものをお探しなら、ぜひお買い求めください。

赤ちゃんのお肌を守る保湿方法とは?顔や全身の正しいケア方法を身につけよう

赤ちゃんのお肌を守る保湿方法とは?顔や全身の正しいケア方法を身につけよう

赤ちゃんのお肌を守るには、保湿に加えて清潔に保つための洗浄や紫外線対策も重要になります。保湿方法に加えて、行うべきケア方法をご紹介します。

手のひらで丁寧に洗浄しよう

赤ちゃんのお肌は大人に比べて薄い皮膚をしているため、できるだけ刺激のない手のひらで優しく洗浄してあげましょう。包み込むように、優しく丁寧に洗い上げていくことをおすすめします。また、泡タイプの低刺激な石鹸を使用することで肌の摩擦も少なくなり、肌の余分な皮脂を落とさずに洗うことができます。

保湿の前にしっかり水分を拭き取る

お肌に触れるタオルも、できるだけ柔らかな素材の摩擦が少ないタオルを使ってあげるといいでしょう。オーガニックコットンを使用したバスタオルを使うなど、お肌に直接触れるものに気を配るのもおすすめです。

季節に合わせた保湿剤選びを

お肌の保湿は、一年中欠かせません。デリケートなお肌を待つ赤ちゃんにとっては、夏・冬どちらも乾燥しやすい季節となっています。そのため、季節に合わせた保湿アイテム選びを行うのもおすすめです。

夏は水分の多いローションや乳液を使用して、ベタつきの感じない状態を保つのもいいでしょう。ベビーパウダーなども併用して、さらさらとした肌触りをキープするのもおすすめです。

HOLOの無添加保湿クリームで赤ちゃんの顔から全身までしっかり保湿を

赤ちゃんのデリケートなお肌は、優しく洗ってしっかり保湿することでお肌の潤いをキープしてあげることが大切です。また、外出時などは日焼け止めを塗るなどの紫外線対策をしっかりと行いましょう。

保湿剤には様々な種類があり、用途や季節、体質によって選ぶことがおすすめです。

HOLOの無添加保湿クリームは、顔から全身まで赤ちゃんのお肌をしっかり保湿してくれるので、ぜひ一度お試しください。

赤ちゃんのお肌にも使える低刺激無添加の保湿クリームをお求めならHOLOへ

会社名 キプロ株式会社
ショップ名 HOLO
運営統括責任者名 貫井 暢彦
住所 〒530-0035 大阪府大阪市北区同心1丁目11−9
電話番号 0120-406-046
メールアドレス info@keepro.jp
URL https://keepro.jp